ポップカルチャーの現在

日本の文化とは

文化を広めるための普及活動は重要だ、することによってそれまで興味がなかった人々に興味・関心を抱いてもらうことが全ての目標だ。国内だけに留まらず、国外にも布教活動は広がっています。海外の文化が伝え聞かれる、というのはあまり耳にしません、あるのかもしれませんがやはり自国では自国の文化が何より尊重されるもの。日本では特に重要視しているものといえば、やはりポップカルチャーの類だ。日本のポップカルチャー、といえば何を連想するでしょうか。人によってその違いはありますが、恐らく大多数の人が『萌え』や『ゆる』といった括りで呼称されるキャラクターなどを題材にした作品が挙げられるでしょう。

さて、ここで一旦ストップを掛ける。そして改めて提議しよう。

『一体全体、何がどうしてそうなった?』

そもそも『ポップカルチャー』という言葉は『大衆文化』と称されるものだ。大衆文化とは一般的な解釈では、

『文学・美術に対して愛好する文化』

というものが全ての原点となっている。それらは時の先人たちによって慈しむべき文化として容認されていきましたが、そもそもポップカルチャーなる文化が一般的に普及してから、まだ1世紀ほどの時間しか経過していないのです。その理由として、文学や美術などの学問を庶民が愛好するだけのゆとりは何処にもなく、あくまで貴族や武士といったハイでカルチャーな方々だけが楽しむものだった。普通の人は明日生きるための食料とお金を稼がなくてはならなかったので、勉強をする余裕など何処にもなかったのです。

世界共通だった文化へのあり方が変質したのは、20世紀以降となっている。そして現代では大衆文化と呼ばれるだけの文化に精通している人が当然のように増えている点などからも、その状況はよく理解できるはずだ。その頃のポップカルチャーと現在のポップカルチャーとは、大分意味合いが違ってきている。世界に発信するべき文化のあり方、もう少し違った形で送り出すべきではないのかと、筆者は最近思ったりもする。

この国における代表的な文化

日本における大衆文化、と呼ばれるものが『文学・美術』といったものではなく、現在は『アニメ・漫画』などが主戦力となって日本がどういう国なのかを言い伝えている。果たしてそれで良いのか、と思ってしまう。そもそも日本において‘文化’と呼称されるべきものは一体何かという点を考えてみたい。

この国における文化と呼ばれるものが何かと言う点を考えていくと、やはり最初に思い浮かぶのは『歌舞伎』や『茶道』といったものが挙げられます。歌舞伎については世界的にもその名が広がり、今では海外からの観光客がわざわざ足を運んで観覧しに行くほどの盛況ぶりを見せることもあるほどだ。日本の大衆文化とはそうあるべきなのですが、どうして最近はその定義がシフトしてしまったのかが謎でもある。

今のところのポップカルチャーは、『若者に圧倒的な支持を集めているもの』と見なされています。そうなると必ずしも日本古来の文化ばかりに焦点を当てる訳にはいかない、中にはそうした文化に精通していない若者というのが大勢いるからだ。歌舞伎にしても見たことがない、という人も少なくないでしょう。

現在のポップカルチャーの定義

現在のところポップカルチャーなるものの定義『訴求力が高く、等身大の現代日本を伝えるもの』という意味合いで用いられるのが自然とのこと。それが自然な事のようになっているというのも少し物哀しい気もしなくないですが、今や日本を象徴するものとして見られているだけに胸中複雑な思いがある。面白いという点は認めるにしても、等身大の日本というものが日本を表すものだと言われてもイマイチピンと来ないのではないか。

ただポプカルも時代の変遷によってその定義は移り変わるものであるために、今はその概念が指し示すものがアニメなどにシフトしているだけなのかもしれません。

漫画が意味している

ではどうして日本のポプカルがアニメ・漫画などにシフトしていったのか、その点を少し考えてみたい。やはりそれだけの人気を勝ち得てきた作品があるから、というのも関係しているでしょう。特にアニメなどは映像として見られるというのもありますが、何より国外の市場で圧倒的な人気を博しているのが漫画等が挙げられます。

数えていけばその例は尽きませんが、代表的なものとしては『ドラゴンボール』や『NARUTO』といったものになる。日本国内でも人気は高いが、日本人よりもむしろ国外に住む外国人の方が熱中している場合が非常に多い。日本に住んでいれば毎日・毎月・毎年、様々な作品が量産されている。その中から好きなものというのを掬い上げていけば好みも分かれ、また人気も移ろいゆくものだ。この国に住んでいるとわからないが、いざ海外の人の意見を耳にすると日本のアニメや漫画がどれだけクオリティが高く、また漫画家が違うだけで作風などがガラリと変わるのもその特徴と言えます。

よく考えたら70・80年代では漫画の絵柄はほとんど共通しているといっても過言ではなかったので、現代の漫画人気も分かる気がします。少女漫画で言えば『ベルサイユのばら』や『ガラスの仮面』といった作品の画質が定番といっても過言ではない。今ではほとんどネタ扱いされていますが、そういう見た目がほとんど似たり寄ったりな作品が多かった頃と考えると、今は選り取り見取りといえるのでしょう。

日本人ならではの本質

ポプカルと呼ばれるものを発揮する上で、文化を知ってもらうことも大事ですが、同時に日本という国がどのようなところなのか、また日本人とはどういう人種なのか、といったメッセージ等が込められています。文化を通して日本と日本人がどのようなものなのかを理解してもらうためにも、ポプカルを広めることによってその素晴らしさを十二分に理解してもらえると考えられている。

果たしてそうなのだろうか、という疑問は出てくる。無論広まることもあるのでしょうが、そこまで過度に言い伝えられるものではないだろうというのが本当のところではないのだろうか。